たかぼうのPhotoライフ。

たかぼうのPhotoライフ。

徒然なるままに。日頃の出来事や趣味のカメラなど。
プロフィール

たかぼう

Author:たかぼう
Canon
 EOS 6D
 EF24-70mm F4L IS USM
 SPEEDLITE 430EX II
TAMRON
 SP15-30mm F2.8 Di VC USD
FUJIFILM
 X20

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

PHOTOHITOブログパーツ

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100602 Wed
鳩山首相の辞任について思うこと。 

鳩山首相の辞任について思うこと。 

 今日はこの話題で持ちきりですねぇ。
 以下、長文&文句ダラダラです。興味のない方は無視してくださいね。




 「最低でも県外」がいつの間にか「出来る限り県外」に、「愚かな」がいつの間にか「愚直」に変わっていたり。『ハトる』(意味:出来もしないことをのたまうこと)という言葉を生み出した鳩山由紀夫サンでしたが、最後もなんとも責任感ゼロの投げだし辞任で幕を閉じつつあります。
 何でも、次の衆議院選では出馬しない方針だそうで(これもそのうち「そんな意味で言ったのではない」なーんていうコメントが出たりして…)。辞任じゃなくて議員辞職だろ~。

 ついでに黒幕?の小沢一郎サンも幹事長辞任だそうですが。
 テレビやら何やらで言われているように、これは100%間違いなく参院選対策でしょうね。これだけ見え見えってのも逆に面白い。これで国民が納得すると思っているのでしょうか?

 しかし去年の8月末からの8ヶ月間。
 腐敗していた政治を立て直すという(マスコミが担ぎ上げた)大義名分を背負って発足した民主党政権でしたが。
 実際やってみればお粗末そのもの。結果、国民に「政治不信」を改めて深く刻み込んでしまいました。

 マニフェストももう死語というか、意味を成さない物になるのではないでしょうか。っつうか、もう誰もあんなの信用しないでしょ。だって書きたい放題やってればいいんだもの。
 「ガソリンの暫定税率廃止!」とか、
 「こども手当は月26,000円!」とか、
 「ムダをなくせば数十兆円のお金くらいすぐ出てくる!」とか。

 …まだまだあるぞ。キリがないけど。
 みなさん、覚えてます?みんな1年前に出ていたものですよー。
 

 「まだ8ヶ月なんだから大目に」なんて意見も聞かれますが、冗談じゃないって。あまりにも言ってることとやってる事の落差が激しすぎる。
 だいたいアンタら、野党の時に『NEXT○○大臣』とか恥ずかしいネーミング付けてただろ?ちゃんと「次の大臣」としてお勉強してたんじゃなかったの?
 …あ、恥ずかしいネーミングと言えば、『ガソリン値下げ隊』なんてのもあったな。


 まぁ、一言で言えば「政治ごっこ」。あまりにも浅はか。出来もしないんだったら最初から言うなっつうの。政治家の「発言」はそこいらの人たちよりずっと重いのよ。そこんとこがまるで分かってない。


 自民がここ最近支持率増加してるらしいけど、これって結局1年前の民主党と同じだよね?
 「民主がダメだから」的発想ですよね?
 実際今の自民党では全然ダメ。もっと根本的に変わらなきゃあ。

 では最近話題の「第三極」はどうかと言えば、これもやっぱりイマイチ。
 要は全体的に政治不信に陥ってる訳ですよ。
 このまま参院選に突入したらどうなるんでしょう。きっと投票率はかなり低くなるのではないでしょうか。だって期待できないんだもん、誰がやっても。特に若い人は嫌気がさしてるんじゃないかなぁ。


 話は戻って、鳩山由紀夫サン。
 「宇宙人」とか巷で言われているらしいですが、だいたい宇宙人に日本の首相を任せた覚えはないぞ。まぁ宇宙人だから
 「日本は日本だけのものではない」とか、
 「参政権ぐらい外国人に与えてもいいではないか」
 みたいな発言が出てくるんでしょうね。だって宇宙人だもの。日本どころか地球の出来事だって他人事。

 彼は進む道を間違えましたね。誰かが言っていましたが、詩人にでもなればそこそこ成功したかも。
 そうそう、最後に彼にピッタリな言葉がありましたので紹介します。


 
 「世直しのこと、知らないんだな。革命はいつもインテリが始めるが、
  夢みたいな目標を持ってやるからいつも過激な事しかやらない。
  しかし革命のあとでは、気高い革命の心だって官僚主義と大衆に飲み込まれていくから、
  インテリはそれを嫌って世間からも政治からも身を退いて世捨て人になる。」


 最後の2行がまた何とも皮肉ってる感じもしますが。
 これ、あの有名なロボットアニメの主人公、アムロ・レイの劇中でのセリフなのですが…。
 ホント、彼にピッタリだ。

関連記事

Comment

うむむ。

from フクフク丸
 私は、政治家は強く(したたかだという意味で)なきゃいかんと思います。その一点に於いて、前首相は好きになれませんでした。元幹事長みたいなのは好きです。

 世直しなんてどこの世界でも、どこかが良くなればどこかが悪くなりますよね。全部が良くなるなんて、洗脳でもしない限りはあり得ないから宗教が科学万能の時代でも力を持ち続けるわけで。

 国民の生活の安定と減税なんて両立しないし、物欲に支配された現代日本人に精神的な充足を説いたところで選挙の票にもならないですもんね。

 結局、政治家は選挙のために政治をしてる。
 
 国民のために政治をする人たちは票集めができない。

 それが衆愚政治の本質ですよね。
  

Re:フクフク丸さん

from たかぼう
お久しぶりでーす。
こんな状況になってくると、国民がこうだから政治がああなっちゃうのか、はたまた政治がああだから国民がこうなっちゃうのか…何だか分かんなくなっちゃうんですが^^;

まぁどっちもどっち、正に衆愚政治なんでしょうね。
政治家は信念を持って行動しないといかんでしょうし、国民はそれをしっかり見抜く力を身につけないといかんと言うことでしょうか。
…たぶんムリでしょうけど。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://takabouphoto.blog92.fc2.com/tb.php/818-76759274

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。