FC2ブログ
たかぼうのPhotoライフ。

たかぼうのPhotoライフ。

徒然なるままに。日頃の出来事や趣味のカメラなど。
プロフィール

たかぼう

Author:たかぼう
Canon
 EOS 6D
 EF24-70mm F4L IS USM
 SPEEDLITE 430EX II
TAMRON
 SP15-30mm F2.8 Di VC USD
FUJIFILM
 X20

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

PHOTOHITOブログパーツ

20090513 Wed
ちっちゃなお話。 

ちっちゃなお話。 

 ここ最近は、すっかり暖かく(暑く?)なってきましたね。
 通勤で駅までは徒歩で通うのですが、その道のりの半分以上は川沿いなのです。春が過ぎ初夏になると、色々な生き物が顔を出します。どこからともなく沸いて出てくる小虫達もそう。

 今日はその小虫のお話しです。

 その小虫の名は「ユスリカ」。「カ」と名前が付いてはいますが蚊の仲間ではなく、おおざっぱに言うとハエの親戚だったりする。
 粒ほどの大きさのこいつらは、朝夕になると「蚊柱(かばしら)」なるものを構成する。通常メス1匹とその他大勢のオスとで作られるソレは、ひとたびヒトの頭の上にまとわりつくと、逃げてもしつこく追ってくる厄介者であったりもする。


 …しかし、実はそれだけではなかった!


 実はコイツら、耳の穴から体内に侵入してくるのだ。
 そして恐ろしいことにその後耳から脳に到達し、脳を食すという。取り付かれたら最後、逃れられるすべはない。彼らに遭遇したら我々人間に出来ることは、両耳をふさぎながら逃げまどうことだけだ。

 そして我々は畏怖の念を込めてこう呼ぶのだ。





 ---『脳食い虫』、と。








 幼い頃からそう信じてきた僕らに、ある日衝撃的な四文字熟語が降りかかってきました。
 
 「都市伝説」  ... Σ(゚ω゚)


 …なんと、このお話しは九州北部に伝わる都市伝説だったんですね~。
 もちろん本当に脳みそを食われるなんて思ってはいませんが、この話はてっきり全国区とばかり思いこんでいました。でもこっちでは普通なんだけどなぁ。

 でももしかしたら、ごく稀に入り込んだ虫が迷い込んで、運悪く脳を食われてしまうって事も…。
 と思ったら、どうやらコイツには口がないらしい。だったら食われようがないじゃんか。ああ、これで安心だ。

 しかし悲しいかな、条件反射とはよく言ったもので。
 今日ものどかな夕焼け空の下、ある者は耳をふさぎ、またある者は手で小虫を払う光景がほほえましく展開されているのです…。

スポンサーサイト



広告: