たかぼうのPhotoライフ。

たかぼうのPhotoライフ。

徒然なるままに。日頃の出来事や趣味のカメラなど。
プロフィール

たかぼう

Author:たかぼう
Canon
 EOS 6D
 EF24-70mm F4L IS USM
 SPEEDLITE 430EX II
TAMRON
 SP15-30mm F2.8 Di VC USD
FUJIFILM
 X20

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

PHOTOHITOブログパーツ

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20151030 Fri
近況報告。 

近況報告。 

 ここのところ、暫くブログ更新できてませんでしたが…。

 実は病気で入院・手術してまして。
 昨日、無事に退院しました。

 病名はここではおなじみの「自然肺気胸」。
 2週間ほど前に軽いものをやっちゃってましたが、仕事が忙しく誤魔化しながら働いてました。
 そして先週土曜日の24日、まさにその「忙しい」仕事のイベント当日に再びパンク!
 
 人生8回目?(もう正確な数字は分からない)の気胸を体験し、
 「もう切る!切ってもらう!」と入院した次第でございます。

 幸い6日間(実質5日)の短期入院で済み、今は自宅でリハビリの最中です。
 ここでは備忘録も兼ねて今回の手術についてまとめてみました。

 以下、日にちごとに記事を書いてますのでお暇な方はどうぞ。

スポンサーサイト
20151030 Fri
10月24日(土) 入院1日目【発病、そして入院へ】。 

10月24日(土) 入院1日目【発病、そして入院へ】。 

10月24日(土)

 最近は忙しかったけど、まぁ誤魔化しながら頑張ってきました。しかし…!

 11:00
  職場での勤務中、胸に痛み。「あ~、ぶり返したか…」と思いつつも働いて誤魔化してみる。

 12:30
  場所を移して仕事の続き…と思ったら、いつもの気胸よりも辛い息切れ&手足のしびれ&動悸
  「これ、マズいかも…」と確信、思い切って仕事を中断、帰宅することに。

  嫁さんに迎えに来てもらい、家に帰るまでの間えーい、もう切っちゃえ!と覚悟を決める。

 13:40
  かかりつけの病院へ。
  レントゲンを診て先生一言。「間違いなく気胸ですねー」
  もう切ることを決めていたのでその旨を伝えると、「じゃあ近くの大きな病院を紹介しましょう」と
  紹介状を書いてもらうことに。

 14:30
  紹介状を持って総合病院へ。
  簡単な問診のあと、手術したい旨を伝え、レントゲン・CT撮影と採血・採尿。
  実は昼過ぎからずーっとトイレに行きたかったけど、ちょっと我慢してた。行かなくて良かった^^;
  「徒歩移動は厳禁」と人生初車いす。アレって慣れないうちはちょっと恥ずかしい&申し訳ない気になる。

 15:30
  入院手続きをして、部屋に移動。
  「空いてないから」と案内されたのは個室。

  15102401.jpg

  いやっほーい!

  正直寝付き悪いから、夜は静かな個室がいいな~と思っていたのでありがたかった。
  7階の窓からは市内のいい景色が見渡せるし。いいんじゃないの♪と内心喜ぶ。

  その間、嫁さんは入院に必要なものを取りに帰宅。娘は…
  個室のベッドで爆睡です(- -;)
  ベッドの主より先に寝るとは、コイツなかなかやるな
  看護師さんからも「よく寝てますね~♪」とか言われるし。

 17:00
  嫁さん病院に戻ってくる。
  娘はその10分前に起きて、満面の笑みでお出迎えです。

 17:20
  担当のT先生から術式等の説明を受ける。

  「普通2、3回の再発で切る人が多いのですが…8回も我慢されたんですね~。よく耐えましたねぇ

  …と、生暖かい優しい視線で言われました。スミマセン、ぼくビビリなんです。はい。

  手術は胸腔鏡手術で、2~3箇所の小さめの穴を開けてそこから内視鏡を使って気胸の元になっている
  「ブラ」と呼ばれる風船みたいなものを切り取って自動縫合器を使って閉じるらしい。

  手術にかかる時間は約2時間、前後に準備・後処理等でそれぞれ1時間の計4時間。
  特に難しい内容はないオーソドックスな手術だとのこと。

  ただ、再発率は手術をしても10~20%程度はあるとのこと。
  でも手術しなきゃほぼ年に1回の恒例行事だからねぇ^^;

  先生もすごく信頼できそうな方だったので良かった。

 18:00
  家族が帰った後は、入院中唯一の楽しみ、食事。
  15102402.jpg
  最近の病院食って美味しいんですねー!
  期待以上の味で大満足でした。

 22:00
  就寝。
  とりあえず入院初日終了。痛いけどじっとしてれば大丈夫なので今のところこれまでの気胸と大差なし。

20151030 Fri
10月25日(日) 入院2日目【手術前日】。 

10月25日(日) 入院2日目【手術前日】。 

10月25日(日)

 入院して初めての朝を迎えました。うん、今日も朝からいい天気だ!

 06:00
  起床。灯りを付けられ強制的に起こされたので最初「??」な状態だった^^;
  検温・血圧・酸素量のチェック。

 07:00
  朝食。
  15102501.jpg
  朝から牛乳飲むのって、すっごく久しぶりのような気がする…。

 09:00
  レントゲン撮影。
  腕を上げて撮る動作がちょっと辛いけど仕方ない。

 10:00
  翌日手術なので、入浴がありました。暫く湯船に浸かれないので、じっくり味わわないとね(笑)

 12:00
  昼食。
  15102502.jpg
  メインは鶏の中華風煮。

 15:00
  昼過ぎからは麻酔科の先生から麻酔についての説明と承諾書?みたいなものを。
  全身麻酔は物心ついてからは初体験なのでちょっとワクワク。
  やっぱりすぐ意識なくなるんかなぁ。
  抗ってみたらどうなるんやろー。
  …などと子どもみたいな事を考える40歳
  そんなことよりしっかりプリント読んどけよ。

  看護師さんからは明日の手術前後の流れについて説明。
  僕は今回急遽手術に入る事になったので、通常の午前執刀ではなく午後からになるそうだ。
  ということは、今日の夕食から明日の昼過ぎまで空腹に耐えなくてはいかんのか
  う~、食に対して貪欲なO型人間には難しい要求だな(おい)。

  …って、手術の不安はないのかよ。
  ないです!先生方を全面的に信頼してますからねッ!(`・ω・´)キリッ

  他にも輸血等についての説明もありました。

18:00
  夕食。
  15102503.jpg
  手術前最後の食事。魚のフリッター、美味かったぁ~。

22:00
  就寝。やっぱり寝付きが悪かったので、睡眠薬をもらって寝ることにしました。
  明日はいよいよ手術!

20151030 Fri
10月26日(月) 入院3日目【手術当日】。 

10月26日(月) 入院3日目【手術当日】。 

10月26日(月)

 いよいよ手術当日を迎えました。

 06:00
  起床。手術当日の朝です。

  15102601.jpg
  いい天気で皿倉連山もきれいな朝明け。

 08:00
  採血。

  15102602.jpg
  このあと点滴針を刺してブドウ糖を点滴。これが今日の僕のご飯です。

 12:50
  家族来院。

  15102603.jpg
  注射が苦手な嫁さんに点滴針を見せると思い切りしかめ面された…そんな顔せんでも。

 13:40
  個室に看護師さんたちが入ってきて、「今からでーす。準備していきましょう」と一言。
  
  いよいよ始まるのか~!
  
  まずは術後のエコノミー症候群を防ぐための弾性ストッキングを履きます。
  そのあと術着に着替えて徒歩で手術室へ。やば、緊張して血圧上がりそう。

 14:00
  手術室の中もそのまま徒歩で。
  色々機材があって床にはコード類もあるけど、眼鏡外してるからよく見えない^^;

  よく聞く「手術室で好きな音楽を流す」とかいう演出もありません
  まぁ、流せたとしても
  どうせ麻酔で寝るから関係ないんですけどね-

  促されるままに手術台へ。想像以上にちっちゃい。とりあえず仰向けになって、準備が始まります。
  程なく酸素マスクをはめられたけど…これがな~んか吸いづらいというか息苦しい。
  ああいうのって、妙に不安になりますよねー。「大丈夫かいな?」って思っていたら、麻酔師さんが

  「じゃあ今から麻酔をかけますので、ふか~く深呼吸してくださいねー」

  来たか!
  よし、どれだけ耐えられるか挑戦だ。
  …と思っていましたが。

  10回も呼吸しないうちに記憶の扉は閉じられましたとさ。おそるべし、全身麻酔

 16:00
  手術終了、麻酔から覚醒。
  麻酔後に入った気道確保の挿管も覚醒前に抜管されてました。
  ヨカッタ、あれ抜くときが苦しいって聞いてたからなあ。

  先生たちが何か言ってるけど、意識はまだ朦朧としていてよく分からない。
  とりあえず「はーい」って答えといたけど、良かったんだろうか?^^;

  あと、痛みもほとんど感じない。「おっ、これってもしかして余裕じゃない?♪」
  と、舐めたことをこの時は考えてました

 16:30
  個室に戻る。
  家族とも会って少し話をしたけど、麻酔のせいか、やたら怠かったので少し眠ることに。
 
 …この短い眠りの後がタイヘンでした。
  麻酔が完全に切れると傷口と肺に激痛が
  寝返りも自分だけでは厳しい。トイレはカテーテル入ってるから大丈夫なんだけど、
  おかげですっごい違和感というか尿意。^^;
  横を向くとその違和感は軽くなるけど、かわりに今度は腰に激痛。

  かなりの時間、そんな状態に耐えた後
  「時間はだいぶ経ってるはず…」と思い、看護師さんにスマホを取ってもらって時間を見ると…
  0時前
  自分の感覚では3時くらいかと思ってたから、この時の絶望感たるや

  この後も「1時間くらい経ったか?」と思って時計を見ても15分くらいしか進んでなかったり。ヨクアルヨネー。
  結局ほとんど寝ることもできず、空が明るくなるまでのたうち回ってました。
  いや、実際には「のたうち回る」ほど動けないんですけどね(汗)

20151030 Fri
10月27日(火) 入院4日目【術後1日目】。 

10月27日(火) 入院4日目【術後1日目】。 

10月27日(火)

 手術が終わって初めての朝。さて、これからどうなる?

 06:00
  起床…というか部屋の灯りが点けられる。
  明るくなると安心するのって、何なんだろうね?とりあえず少しは楽になってきた…気がする。

 07:00
  そして朝食。
  15102701.jpg
  まさかの常食。おかゆさんが出てくるものと勝手に思い込んでた。
  さすがに半分ほど残してしまう。申し訳ない&勿体ない。
  身体が痛くて思うように食べられず、スープは結局飲めなかった。残念。

 08:00
  採血。

 09:00
  歩行訓練前に、痛み止めの点滴。痛みも強いけど、それ以上に尿道カテーテルの違和感が半端ないw

 09:30
  歩行訓練。
  これが思った以上に歩けて、自分も看護師さんもビックリしてた。
  距離にして40mほどだったけど、特に問題なさそうだと言うことですぐ終わった。
 
  その後はいよいよ尿道カテーテル抜き。
  『抜くときは痛いよ~』と聞いていたので脂汗ものだったけど、想像よりは痛みも少なくて助かった

  何よりあの違和感から開放されたのが嬉しい!

  でもすっごく嫌な感触だった…。できればもう二度と体験したくないな。
  血尿もなかったけど、排尿の最後の方で空気が一緒に出てきたもんだから、ちょっと焦った^^;
  カテーテルを抜いた直後にはよくあることらしく、一安心。

 10:00
  レントゲン撮影。
  さすがにこれは車いすでの移動でした。そして両手挙げポジションの辛いこと。痛すぎ!

12:00
  昼食。
  15102703.jpg
  術後2食目が堅焼きそば(苦笑)でも美味しく完食(笑)

13:00
  先生の回診時にドレーンからの流出物がほとんどなかったので、「このままなら夕方抜きましょう」と
  言われる。あー、そう言えばもう一つの難関、ドレーン抜きがあったんだよなぁ…。

17:30
  家族の見舞いも終わって一人のほほんとTV観てたら、先生たちが部屋に入ってきて「抜きましょう!」

  …え?今??ここで???

  横向きに寝そべり、ベッドの転落防止柵をしっかり握らされる。
  どうやらこの病院は「麻酔なしで抜く派」らしい…。

  「じゃあ、今から抜くときの練習をしますね~」
  「息を吸って、吐いて、吸って、のあと『止めて!』と言いますから、そこで息をしっかり止めて
   ください。そのときに一気に抜きますから」
  「じゃあ練習してみましょう。吸って~。吐いて~。吸って~。はい、止める!…って感じです」

  やっべ、手のひら脂汗まみれ(笑)

  「じゃあ行きますよ。息を吸って~。吐いて~。吸って~。はい、止める!

  思わず目をつぶって歯を食いしばった瞬間、
  脇腹からズルズル~っと引きずり出される、何とも言えない感触&激痛

  いってえぇぇ~~~!!(←心の叫び)

  そしてそのまま縫合&消毒。
  たぶん涙目になってたんじゃないかなぁ…^^;
 
  「管を抜いたらまたひとつ痛みが減りますから」と、爽やかな笑顔を残して先生たちは去って行った…。
  いや、めっちゃジンジンするんですけど。

  …ん?
  あれ??
  いや、確かに違う…!?
  なんか軽いし違和感がない!
  痛みが引くと、今まであった脇腹の違和感がなくなってる!身体に繋がってる管も1本減ったし
  (残るは点滴針だけ)、精神的にも楽になった感じ。いやぁ、手術翌日にドレーンが抜けるとは。
  回復も順調みたいで何より。

 18:00
  夕食。
  15102704.jpg
  メインは卵と挽肉のミルフィーユ。ドレーンも無事抜けて美味しくいただきました。

 20:00
  食後に入れた抗生剤の点滴も終わって、点滴針も外れました。
  これで自分の身体からすべての管が外れました。いやぁ、自由ってスバラシイ!

  15102702.jpg
  さらば点滴台。

 22:00
  就寝。途中痛みで目が覚めましたが、頓服薬をもらって眠ることができました。

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。